最新のバーベキュー情報まとめ

バーベキューの重要食材である焼きそばの作り方

バーベキューの重要食材である焼きそばの作り方 バーベキューと言えば、屋外で炭火を使って鉄板の上で様々な食材を焼いて美味しくいただきます。
野山でのキャンプや河川で魚釣りや水遊びの後、大勢の人で飲み物を用意しながらバーベキューを楽しむことがあるでしょう。
バーベキューのメインは肉類とイメージしますが、必ず用意されるのが焼きそばです。
焼きそばは市販の茹で麺を使用します。
鉄板にサラダオイルを適度にひき、キャベツやモヤシなどの野菜を適当な大きさに切って予め火を通します。
次に肉を入れて色がついたところで麺と適度な水を入れてほぐします。
水分が飛んだら、塩コショウをまぶして、最後にソースを掛けます。
肉の替わりにイカやエビなどの海鮮を入れたり、牛や豚のホルモンを入れると、味にコクがついてさらに美味しくなります。
野菜を炒める時には十分に水分を飛ばすために強火で炒め、麺を投入してからは中火にしてソースの焦げ付きを防ぐために弱火に調節しましょう。
最後に鰹節、青のり、紅生姜を入れるとよりおいしさが増します。

バーベキューにお勧めの魚介類の食材を購入しよう。

バーベキューにお勧めの魚介類の食材を購入しよう。 春から初夏の時期になると、気候が良くなってくるため、キャンプなどのアウトドアを楽しみたい人が増えてきます。
自然環境が豊かな場所で、バーベキューをしたい人が多いですが、使用する食材は新鮮な魚介類が人気です。
炭火を使って網で調理をするため、サザエやホタテなどの貝類や、エビやカニ、干物などもお勧めです。
ガスで調理をする時に比べると、水分が飛びやすいので、バーベキューをする時は火加減に注意をしてじっくりと焼いて下さい。
キャンプ場の近くで食材が購入できる場合が多いですが、事前に用意をしたい人は、スーパーマーケットや市場などで購入しておくと良いでしょう。
アジや鮎などの魚は根強い人気がありますが、魚専用の串を使って焼くと、きれいに調理ができます。
暑い時期は食品が傷みやすいので、クーラーボックスに入れておくと安心です。
火加減を注意して、しょうゆやお酒、塩コショウなどでシンプルな味付けがお勧めです。
安全性の高い魚介類を選ぶと、体のデリケートな人も安心して食事ができます。

新着情報

◎2019/3/29

知っておきたい場所の取り方
の情報を更新しました。

◎2019/2/18

バーベキューで使える簡単レシピ
の情報を更新しました。

◎2018/12/19

旬の食材を使うとおすすめ
の情報を更新しました。

◎2018/9/12

つまみになる食材と調理法
の情報を更新しました。

◎2018/7/24

野菜は何を持って行くか
の情報を更新しました。

◎2018/5/31

サイト公開しました

「BBQ 焼きそば」
に関連するツイート
Twitter